会社にできることより自分のできること

モテる男性の条件の一つに、一流企業に務めているといったものがあります。確かに大企業に務めていれば収入も安定していますし、将来性も期待することができます。 しかし、中小企業で働いているからといって、チャンスがないわけではありません。その職種や仕事ぶりを上手に印象付けることで、女の子を口説くための武器にすることもできます。

職種を利用する

まずは自分の職種から武器になりそうなものを探してみましょう。たとえば、営業職であった場合、高いコミュニケーション能力を身につけているのではないでしょうか?中小企業の営業は大企業の同業種と比べて、とても厳しいものです。あまり名の知れていない会社であれば、話すら聞いてもらえないことも多いです。だからこそ、大企業で働く営業マンよりも高いスキルを身につけることができるといえるのではないでしょうか。
これは女の子を口説く上でも役立つスキルでしょう。
事務職であった場合も、大企業よりも高い能力が育まれることがあります。人数が少ない会社であれば、役割分担がしっかりとできませんのでさまざまな仕事を同時にこなすことになります。こういったスキルも中小企業だからこそ身につけることのできるものでしょう。

自分自身の将来性をアピールする

たとえ中小企業であっても能力を高めて自分を磨くことができます。会社が何を出来るかではなく、自分が何を出来るかをアピールすることによって、自分自身の将来性の高さを印象付けることができるのではないでしょうか。
不安定な経済状況が続く中では、大企業だっていつ倒れてしまうかわかりません。最終的には会社の名前ではなく自分自身で勝負しなければなりません。

ですので、最近の女の子を口説くには会社の名前よりも自分自身のスキルをしっかりとアピールできる方が好印象を与えることができます。

中小企業で働いているからといって、自分の仕事が女の子を口説く上での武器にならないわけではありません。 最終的にはそこで何をしているかが重要となります。どんな零細企業であっても自分自身がしっかりしていることを伝えることができれば、どんな仕事も力強い武器に変えることができるでしょう。 まずは、会社の強みではなく、自分自身の強みをしっかりと把握しましょう。