全職業共通。女性に好かれるのはこんな人

女性の理想の男性像に、仕事ができる、という条件をあげる人も多くいます。確かに、どんな仕事をしているか、年収がどれくらいかを気にする女性は多いです。でも、条件がいい=好感を持てる男性、好きになる男性、では決してありません。

いくら立派な仕事をしていても、仕事に対する姿勢や考え方に共感できなければ、女性の心は動きません。ここでは、女性が好感を持つ、男性の特徴、ご紹介します。

仕事に誇りを持っている

何の仕事をしているのか聞いたときに、はっきり答えずに濁す人がいます。あまり有名ではない仕事だったり、会社自体の規模が小さかったりすると、自信がないせいか、濁すという態度でごまかしてしまうようです。でも、これは逆効果です。自分の仕事に誇りを持っていないように見えるからです。

自分はこんなことをしている、とはっきり堂々と言われると、どんな仕事であっても、この人は誇りを持ってやっているのだ、ということが伝わってきて、好感が持てます。自分の仕事を肯定することは、自身を肯定することです。自分に自信を持っている人は女性にとって魅力的です。

その道のプロを目指している

どんな職業でも、その道のプロになる、というのは大変なことです。でもそれを臆することなく目指している姿、努力している姿は、誰が見ても共感できる、格好いいと思えるものです。

医者や職人のような、専門的な仕事でなくても全く構いません。今その時に自分がついている仕事では、誰にも負けない、という強い想いで仕事をしている人に女性は心を惹かれます。

常に努力をしている

よく男性の中には、「(俺の能力をもってすれば)こんな仕事楽勝だから」、とか「これで給料をもらえるなんて」など、今の仕事が簡単だ、という話を通して自分の能力をアピールする人がいますが、これは女性にとってはただの自慢話で、面白くもなんともありません。すごい、とすら思いません。

それよりも、今はまだその領域に達していないけど、もっとできるようになりたい、もっとよくしたい、だから今はこういうことを頑張っている、と言える男性の方が数倍素敵に感じます。仕事に対する姿勢が女性に対する姿勢に重なって見えるからです。今の仕事に信念を持ってやっている、ということが分かると、この人なら信頼できるかも、と思う女性は多いはず。

仕事が好きでたまらない

仕事の話をしだすと止まらなかったり、満面の笑みで今取り組んでいる仕事のことを話していたりするのを見ると、この人は仕事が好きなんだな、ということがよく伝わってきます。そういう男性を見ると、思わず、「応援してあげたい」と思ってしまうのが女心です。やはり、嫌なことを渋々、生活のためには仕方がない、と思って続けている人よりも、好きな仕事を、大変ながらも前向きに、楽しく続けている人の方が、一緒にいたいと思うのは自然なことです。この人となら楽しく生活できそう、と思えます。

いかがですか。世の中にはたくさん仕事があります。でも、その職業名でその人の人柄は判断できません。その仕事に対する想いにこそ、その人の人間性が反映されているのです。何度も言いますが、仕事に対する姿勢=人に対する姿勢、と女性は考えます。そこをお忘れなく。