カフェの店員?いいえ、バリスタです。

海外では一般的、でも日本ではまだまだ知名度の低い仕事ってありますよね。バリスタもそんな仕事の一つでしょう。でもバリスタって何?という人もいるでしょう。このバリスタ、知れば知る程魅力的な仕事なのです。そんなバリスタという仕事から女性にアピールできるポイントを探してみましょう。

コーヒーを入れるプロ

バリスタとはカフェやレストランでコーヒーなどを提供するプロのことを言います。店舗によっては酒類を販売するバリスタもいますが、一般的な認識ではコーヒーを入れる人のことを指しています。そのため、コーヒーに対する知識が豊富と淹れるためのスキルが必要です。バリスタを目指す人は国内や国外でバリスタの修行を行うような人もいるくらいです。

日本ではバリスタという言葉があまり広まってはいませんが、実は大手のコーヒーショップやカフェなどでイメージアップのために店員のことをバリスタと呼ぶようになっている所があります。つまり日本ではカフェでコーヒーを指す言葉になっているところがあるのです。カフェで働いている人でコーヒーを入れるのが上手い人は合コンなどでバリスタという単語を出してみれば興味を持ってもらえるかもしれません。

バリスタの魅力

バリスタの特徴は何といってもコーヒーの知識が豊富なことです。いろんなコーヒーの銘柄や特徴についても知っていますし、独自にブレンドをしてみたりすることもできます。キッチンでコーヒーを入れる姿を想像させれば女性には好印象かもしれませんね。またカフェなどが職場になるためコーヒーにあった食事についても詳しいでしょう。

ラテアートでなんかも作ることのできる人もいるでしょうからおしゃれなラテアートを作ってあげれば女性には喜ばれることでしょう。本格的なバリスタとして働いている人は、他のお店のコーヒーも修行の一環として味わいに行くことが日課になっているので、おしゃれなカフェを教えてあげてもいいアピールになります。一緒にカフェ巡り、なんてできれば一番いいですね。

おいしいコーヒーとサービスでファンを作る

おいしいコーヒーとお客様を心地よくさせることができるバリスタのいるカフェには人によって行きつけのバーや居酒屋があるように固定のファンがつくことも多々あります。本当にいいサービスができるお店というのは固定客の顔を覚えていたり、季節などの時と場合に合わせたりしてサービスを変えます。

そうやって固定客を増やすことがお店には大事なことなのです。こうやってファンになった人の中には、この人にコーヒーを入れてもらいたい、という人もいるそうです。こういったきっかけの中で女性と仲良くなったり、異性との出会いを紹介されたり、なんてこともあるかもしれません。

バリスタの魅力的なところをいくつか見てみましたがいかがでしたでしょうか。自分のためにおいしいコーヒーを入れてくれる男性、というのは女性にとって魅力的に映るでしょう。バリスタとカッコよくいっていますが今のところ日本では知名度はそこまで高くないですし、あくまでもカフェの店員でも同じように考えることもできます。

カフェの店員である以上、コーヒーや紅茶などの飲料の知識はある程度必要です。そんな知識を披露してあげれば女性にはオシャレな人と感じることでしょう。カフェなどのお店に入ってスラスラと注文をしてあげればそれだけでも頼れる男性を演出できますよ。