夜のテクニックはAV男優ではなくエロメンから学べ!

夜のプロフェッショナルな職業といえばAV男優ですよね。彼らの持つ類まれなテクニックに憧れる男性も多いのではないでしょうか。しかし、あの性技を真似しようとすると大やけどを負う可能性が大!真似すべきではない男優のテクニックと真似たいエロメンのテクニックについてご紹介します。

性のプロフェッショナルといえばAV男優

世の中には様々な職業がありますが、エッチのプロといえばやはりAV男優ではないでしょうか。エンターテイメントとして性をわかりやすく表現し、観るものの興奮を掻き立て、女優の魅力を最大限に引き出す彼らの姿に、男ならば一度は憧れを抱きますよね。

セックスのプロですからそのテクニックは我々一般男性のそれを遥かに凌駕するものであることは間違いありません。実際に作品を観ても、驚くほどの高速手マンや舌先の滑らかな動き、激しいピストンなど参考にしたい部分はたくさんあります。男にとってAVは性処理のための一つの道具でありながら、性のバイブルとしても活用できるものです。

一般女性は激しいエッチを望んでいない?

では、実際に女性たちはAV的な激しいエッチを望んでいるのでしょうか?中にはそういう子たちもいるのでしょうが、ほとんどの場合は激しすぎるプレイには違和感を覚えています。

近年、レンタルやセルビデオ、またはネットを通じて様々なAV作品が流通しています。年々、プレイ内容はハードになっていて中には「そこまでやっていいの?」と思えるようなものもありますね。男性が主なユーザーですから、それはそれで方向性としては正しいのでしょう。しかし女性視点でいうと女体を酷使するようなハードプレイはうんざり…と思っているのです。

しかも、作品に出演する男優たちのテクニックを実際にプライベートのエッチで試そうとする男性は少なくありません。性のプロだからこそできるようなハードテクを素人がそのままやったら…上手くいくわけがありませんよね。むしろ女性からしたら気持よくなくて、ただ痛いだけで終わってしまうのです。

職業としてのAV男優はプロフェッショナルで素晴らしいテクニックの持ち主です。しかし、それを素人が見よう見まねで真似しようものならば、女性の心は離れていってしまうでしょう。安易に手をだすことは良くないのです。

テクニックよりもじっくりとした責めが大切

年間、かなりの数のAV作品が出回っていますが最近は女性向けのものに人気が集まっています。エロメンと呼ばれる優しい雰囲気のしょうゆ顔をした男優がメインとなっている作品です。女性向けなので女優よりもエロメンがメインで映しだされ、プレイ内容的にはどちらかというと、AIV(アダルトイメージビデオ)のような雰囲気となっています。男からすると全く物足りない内容ですが、女性からすると「こういうAVが観たかった」という好意的な意見が多いようです。

この意見の違いから推察できるのは女性はハードで見栄えの良いテクニックよりも、優しく愛されたいという思いが強いのではないかということです。確かに、激しく抱かれたい夜だってあるにはあるのでしょう。ですが、肉体的な刺激だけでなく精神的な癒しも女性たちはセックスに求めているのです。

女性を満足させるには、エロメン男優たちのプロのテクニックを学ぶことがカギとなるのかもしれませんね。