ヘアスタイルはオンとオフを切り替えるべき!

女性は服装だけでなく髪型もしっかりチェックしているものです。職業ごとにヘアスタイルにも特徴があるものですが、オンとオフの切替えを意識するとお付き合いも長続きすることでしょう。女性が好む髪型についてご紹介していきます。

ヘアスタイルと職業の関係

職業によって髪型に個性が出ることはよくあることです。たとえばバンドマンならばその音楽性に合わせてヘアスタイルを整えているものですよね。ロックならば髪を逆立ててみたり、長髪にすることもあるでしょう。美容師ならば職場の仲間同士でカットモデルになってあげ、最先端のファッショナブルなヘアスタイルになっていることは珍しくありません。髪型だけでどんな職業なのかなと推測することは難しいですが、仕事の内容を聞いてからその髪を見ると「なるほどなぁ」と思うことはしばしばあるものです。ヘアスタイルは職業と関係することがある、ということですね。

個性よりも爽やかさ重視でいこう!

髪型はその人の就いている仕事によってある程度個性が出ます。意識的にヘアスタイルを整えていることもあれば、自然とそういう髪型になっている場合もあるでしょう。いずれにしても、なんとなく関係しているものです。

職業に惹かれる女性もその辺のことはもちろん承知しています。ですから、ある程度は個性的な髪型でも許容してくれるでしょう。しかし、あまりに一般的でない髪型の場合はちょっとだけ引いてしまうかもしれません。先述の例で言えば、ロック・ミュージシャンたちのハードで攻撃的なヘアスタイルをオフの日にもやられてしまうと、一緒にデートするのを躊躇する可能性があるんですね。個性的すぎると周りからの注目を浴びることになります。女性によってはそれが恥ずかしい、と思うことがあるためです。

オンとオフを切り替えることも大切

モテることを意識するのであれば、せめてオフの日は個性よりも爽やかなイメージでいきたいもの。髪を激しく逆立てている方もデートの日くらいは髪を下ろして優しい印象にしておいたほうが無難と言えそうです。

多くの女性たちは男性に対してあまり派手な見た目を求めてはいません。職業に惹かれる女の子たちの場合は確かに個性を重んじる傾向はあります。しかしそれはあくまでも仕事をしている姿を感じている時だけです。オフの日まで、お付き合いをする間ずっと個性を持ち込まれると違和感を覚えるようになってくるんです。

オンとオフの切替えを上手にすることでそうした違和感を与えにくくなります。また、仕事と休日の見た目の違いがあると新鮮味を失わずにお付き合いすることができるでしょう。髪型一つとってもちょっとアレンジを加えたり爽やかにしたりするだけで女性は惚れなおすこともあるんですね。

服装と合わせることも忘れずに

髪型を決めたら服装もそれに合わせるようにしたほうが良いでしょう。派手なヘアスタイルなのに地味なファッション…そんなちぐはぐな見た目では誰の目から見ても変ですよね。オフの日は基本的に髪型も服装も落ち着いていて爽やかなものを選ぶようにしましょう。個性を出すのも悪くはありませんが、出し過ぎないように注意しておくことも忘れずに。くれぐれも先の尖った靴とかゴテゴテのアクセサリーなんかを身につけないようにしましょう!