宅配業者にモテのチャンス有り

ドラマや映画、AVの中だけでなく、宅配便の仕事をしている人の経験談には、耳を疑うようなエピソードを聞くことがあります。毎日人の家を訪ねている配達員の男性ならではのおいしい思いをしている人もいるようです。

毎日朝から晩までどんな天気のときも、荷物を運んで家から家に飛びまわらなければいけない宅配便の配達員。生半可な体力と気力ではできません。そんな男性宅配便が女性にモテるというのはどういうことでしょうか?

まるで昼ドラ?団地妻との昼間の情事

ある大手宅配業者に勤める配達員の経験談ですが、数回荷物を配達したことがあるマンションをある日訪れたときのこと、いつも対応してくれる女性がなぜかいつもの様子と違ったそうです。そしてハンコを奥の部屋に行ったと思ったら「お兄さん、取りに来て~」と呼ばれたそうです。

そして仕方なく部屋に上がってみると、なんと下着姿で女性が待っていたとのこと。そうなってしまったら後はどうなったか想像がつきますが、こんなドラマのような実話もあるのです。いつこんなことがあるかわかりませんから、常にスキンを持っておいた方がよさそうです。

配達員は見た

中には、自分が女性と関係を持ったのではないですが、配達に行った先で妙な声が聞こえると思ってなにげに窓の方を見てみたら男女が情事の最中だったということも結構多いようです。こんなときに呼び鈴を鳴らしたら男性に怒鳴られそうですね。こういうときはしばらく経ってから再び訪れることになりますが、女性が応対に出てきた時はムラムラしてしまいそうです。仕事中に女性に体を求められたらどうすれば良いのでしょうか?実際に働いていたら悩んでしまいそうです。もしバレたらクビになりそうですもんね。

こうした直接的な関係になることはまれでしょうが、配達員が人気なのは事実のようです。 佐川急便のセールスドライバーは「佐川男子」と呼ばれ、佐川急便のイケメンドライバーを紹介した公式ファンブックなるものまで存在しています。どうやら家に来てくれる白馬ならぬトラックに乗った王子様として人気のようです。なんとフィギュアにもなっておりガチャガチャで買うことができるなど、宅配便の会社で働く男性にとっては勇気をもらえるような現象もおこっています。

世の中に草食系男子があふれる一方で、韓流俳優のようなやさしさと男らしいたくましさを兼ね備えた男性を女性は求めているのですね。配達員をしていらっしゃる方は、人の家に訪ねていくわけですから人間的にも受け入れられやすい方が多いはずです。ただし、女性に誘惑された際は少し考えてから行動するようにしましょうね。