学習塾の先生は頼りになる

学習塾に子供を通わせるお母さんたちは、何を基準に子供を預けているでしょうか?それは地域でも評判の進学塾であったり、家から近い学習塾であったりすると思います。しかし一番重視しているのは、その塾の職員が人として信頼できるかどうか。大事な子供を預けるには、やはり頼りになる男性がいることが安心感につながります。

安心感と頼りがいがある男性に子供を預ける

小学生くらいの子供を持つお母さんなら、父親と子供の教育のことで喧嘩をしたりすることは日常茶飯事かもしれません。男性の側からしても、会社でも色々あるところにきて家に帰ってからもくどくどと言われるのはたまらないという気持もあるはずです。そこで頼りにされるのが塾の職員です。

自分の知らないことを知っている男性への尊敬の気持ち

お母さんが子供のことを心配している分、塾の職員が頼りがいのある男性だと安心します。自分が教えられない勉強を子供に教えてくれる男性への尊敬の念もあるでしょう。塾の送り迎えの際にもついつい長居してしまうなんていう人も中にはいます。そんなときはお母さんの立場ではなく女性の顔になっているんですね。

とはいえ、家庭のある身で子供の教育のために塾に通わせているお母さんが塾の講師や職員とただならぬ関係になってはいけないという、自制心が働くはずです。しかし恋愛とは理屈どおりに行くものではありません。

もしも仕事をせずに専業主婦をしているお母さんならば、平日の昼間は時間がとりやすいはず。思い切って昼間にお茶でもしてみるとお母さんの本音を聞くこともできるかもしれません。しかしもしかして自分のことが好きなのでは?と思っても、あくまでも子供を預かる塾の職員だということを忘れてはいけません。

もしもこれがシングルマザーの場合であれば、迷うことなく恋愛関係になってしまっても構わないでしょう。女性には男性が必要です。もしも頼ってきてくれたのなら、子供の父親代わりになってあげるくらいの気持ちでおつきあいしましょう。

子供がいるということでどうしてもブレーキをかけがちですが、もしもお母さんがそんなこともお構いなしになるくらいに魅力的な女性だった場合、何も考えずに突き進むしかありません。あとは野となれ山となれです。

子供を育てていると、自分がいつの間にか女性ではなく「お母さん」として見られていることに焦りを覚える女性も多いようです。そんなときに女性として扱ってあげることで、ますますお母さん方にモテモテになる可能性大です。男らしい包容力で女性を包んであげましょう。