ミュージシャンはやっぱりモテる

やっぱりミュージシャンは昔も今もモテる職業の代表格。CDが売れない、音楽業界はどん底、なんていうことも言われていますが、どんな時代になっても音楽の魅力は変わらないのと同じように、ミュージシャンだって特別なオーラを放っているからこそモテるんです。

アマチュアバンドマンだってモテる

街のライブハウスに出ているアマチュアバンドマンであっても女性にはモテモテ。とりあえず若い頃はバンドをやればモテるというのは本当です。しかしそれが職業になるとなれば、さまざまな苦労が伴います。

厳しい音楽業界を乗り越えるパワーが女性を惹きつける

好きでやっている音楽を人に聴かせてお金を稼がなければいけないとなると、アマチュアのときとは意識を大幅に変えなければいけません。メジャーデビューしても、ライブ終了後には観に来てくれた人たちへの挨拶やグッズ販売、次回のライヴに向けての宣伝など、自分たちの音楽を聴いてもらうために動かなければならず、ただ音楽だけをやっているわけにはいきません。そんな中で音楽家として大人になっていくんですね。

応援したい!という気持になる

まだあまり売れていないミュージシャンであれば、女性は「売れるように応援してあげたい!」と思うもの。売れないミュージシャンを家に呼んでご飯を作ってあげたり、部屋にいって掃除をしてあげたりなんていうことは、女性の母性本能がくすぐられるんでしょうね。それは中年ミュージシャンであっても同じです。

女性が自分の世話をしてくれているのに何もしてあげられない、なんて思ってはいけません。女性には体でしっかり返してあげましょう。自分がかわいがっている男性に抱かれることは女性にとっては嬉しいもの。こういうときに男性らしさを発揮しましょう。ただしいざというときに下半身が役に立たなければ女性も尽くしている甲斐がありません。

しっかり女性の期待に応えられるように、ED治療薬などを用意しておきましょう。バイアグラなどは高価なイメージがありますが、今はバイアグラと同じ有効成分の安価なジェネリック薬品もありますので、費用の負担は以前より軽くなっています。気軽にクリニックで処方してもらえるようになったわけです。

売れっ子ミュージシャンの場合、特定の女性を作らずに自分の都合に合わせて女性を扱うような男性もいます。誠実な人もいればそうではない人もいるでしょうが、中には飲み屋で知り合った女性をお持ち帰りしてセックスしていることを公言するようなミュージシャンもいますので、女性にとっては良いのか悪いのかわかりませんね。

音楽で食べて行くということは大変なことです。しかしだからこそ一瞬のステージでの輝きに女性は惹かれるものです。ミュージシャンとして活動している方は、どんなときでもステージにいるあなたを女性は羨望の目でみつめていることを忘れないようにしましょう。