変な仕事での経験を武器に~なんでも屋~

どんな職業であっても、その気になれば女性を口説くための武器に変えてしまうことができます。 高い収入を得ることのできる仕事や、社会的なステータスの高い仕事、また大企業で働いている人だけが仕事を武器にできるわけではありません。 一般的な仕事や、ちょっとマイナーな仕事、変な仕事にもしっかりと武器にしてしまう方法があります。 これをしっかりとマスターすることによって、恋愛の成功率をもっと高めることができるかもしれません。

なんでも屋の場合

Dさんはなんでも屋をやっています。その名の通り可能な限りどんな仕事でも引き受けてしまうちょっと変わった仕事です。 この職業の存在を知っていても、その実態はあまり知られていないのではないでしょうか。彼の場合、さまざまな職業を転々とした挙句、サラリーマン生活に嫌気がさしてしまい、なんでも屋を始めました。 仕事の内容はさまざまなで、犬の散歩や庭の手入れ、引っ越しの手伝いから、ベビーシッター、そして、浮気調査といったちょっと変わった依頼もこなしています。 毎日同じ仕事ではありませんので、退屈をすることはありませんが、収入はとても不安定です。 こんな仕事では決して女性にモテることはないだろう、と彼は考えていました。 しかし、このさまざまな経験が女性を口説く武器になってしまいました。

最初は、女性に職業を聞かれたとき、あまり仕事を知られたくないがために、自営業とだけ答えて話を逸らしていました。 しかし、酔った勢いで具体的な話をすると、思いのほか女性が興味を示しました。これまでにやってきたちょっと変わった仕事の話をすると、ますます話が盛りあがり、それがきっかけでかなり親密になることができました。

このような仕事をしていると、さまざまな人に出会いますし、いろんな経験をすることができます。すべてが良い経験であるとは言えませんが、話のタネにすることができます。 ちょっと怖い人に気に入られて頻繁に庭の手入れに呼ばれてしまった話や、おじいちゃんの将棋の相手を依頼された話など、ちょっと変わった仕事の話をすると、とても会話が盛り上がります。 もちろん、すべてが面白い話のタネになる仕事というわけではありませんが、定期的にこのような変な以来は転がり込んできます。これらを上手に活かすことによって女の子の興味をひいてモノにすることができます。 何でも貪欲に利用する姿勢を持っていれば、何でも武器にすることが出来るということを知りました。